Syntheo、長期取引停止中に「物質的損失」を記録

ナショナル・ブロードバンド・ネットワーク(NBN)の契約者であるサービス・ストリームは、合弁会社のシンテオとNBN社の今後の取り決めについての議論の中で、8月に通年の業績を発表するまで、

サービスストリームは、6月上旬には取引停止となり、同社の電気通信部門に対する懸念の中で、サービスストリームのレンディーズとの合弁会社であるシンテオ(Syntheo)が懸念された。

Service StreamとLend Leaseは合弁事業を終了する予定であり、Lend Leaseが残りの建設作業を引き受けることを望んでいるService Streamがあると報告されています。

SyntheoはすでにNBNの建設契約を取り戻すことを余儀なくされたが、ノーザン・テリトリーでは、2月にNBN Coが6月末までにSyntheoの建設作業の遅れにより、ノーザン・テリトリー、西オーストラリア州、南オーストラリア州です。

Service Streamは現在、Syntheoプロジェクトのレビューを「実質的に完了」しており、2013年度に重大な損失が発生するとの見通しを示している。組織は、Syntheoの将来、プロジェクト完了の前提に関するNBN Coとの協定、借り換えに関する銀行との交渉に関して、引き続き進行中の議論があると述べた。

取引停止は今日中止される予定だったが、サービスストリームはオーストラリア証券取引所(ASX)がそれを延長するよう要求し、終了日は記載されていない。しかし同社は2013年8月15日(水曜日)の2013会計年度の業績を発表するまでに停止が解除されると予想している。

先週、NBN社が発表したところによると、ファイバネットワークは現在207,000以上の施設を通過している。これらの敷地のうち最大55,000件がNBN Coの用語を「サービスクラスゼロ」とみなしています。つまり、施設が技術的に「合格」と分類されているにもかかわらず、NBNのサ​​ービスをまだ注文することはできません。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

NBNはオーストラリアを「指導的地位」に置く:Bill Morrow

TelstraはSDNリシリングによる120の自発的冗長化を求める

ACCCは、OTT、NBN、モバイルデータの競争効果に関する提出を求める