Syncplicityはキー制御オプションを顧客に提供

EMCのSyncplicityは、Box、Dropboxなどのクラウド・ファイル共有サービスと競合し、水曜日に顧客が自分のキーを管理して権利管理コンテンツを管理できるようになりました。

昨年のSyncplicityは、外部の人々に送信されるコンテンツをカバーするために、ネイティブの権利管理とセキュリティを展開しました。コンテンツに透かしを入れたり、期限切れに設定したり、地理的に分離したりすることができます。

管理キーはその次のステップです。同社のサーバーから離れた場所にあるクラウドや顧客データセンターに、Syncplicityによって権利管理キーを格納することが可能になるという。

Syncplicityのマーケティング部門責任者であるJeff Schultz氏は、さまざまな国のデータストレージ要件に準拠しなければならない顧客にとって、管理キーがますます重要になっていると述べています。

管理されたキーオプションにより、顧客はより詳細な制御が可能になります。 Schultz氏は、「鍵管理はファイル同期の重要な話題であり、今すぐ共有しています。 「企業はプライバシーとセキュリティの強化に取り組んでいます。鍵は本当に顧客によって管理されており、私たちはそれに触れることができません。

NetApp、Zaloniと提携しているデータ湖の中間層システムを開始

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズム、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指す

ストレージ、NetApp、Zaloniと提携しているデータレイク向けの中間層システム、クラウド、EMCとの契約を締結したMichael Dell:「データセンター、Dellテクノロジーズのリフトオフ:Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合;ストレージ; FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズムは、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指して