S’poreの大企業はICTからより多くを得る

シンガポール – アジアのWebサイトによる調査によると、地元企業の18.8%が、ICTが組織内で最高水準の貢献をしていると認識し、新しいビジネスモデルとサービスの革新、変革、設計、 。

シンガポールの企業の10.2%は、ICTの貢献度が「差別化」と評価された次の最高レベルを指摘し、大多数 – 44.2%はICT導入を「改善する」と述べた。残りの割合である26.8%は、組織のICT使用が最も低いレベルにあると判断し、「提供する」、あるいは単に基本を行うと判断した。

言い換えれば、29%の地元企業が、IT機能が競争力を強化したり、革新的なサービスを創造するのに役立っていると業界アナリストのAngus Macaskillは述べています。

同氏は、自社のICT利用が最高水準にある、すなわち「革新的」であると回答した回答者の18.8%が、ICTを戦略的な競争兵器として採用するにあたりあまり進んでいない競合他社に勝利する立場にあると述べた。

Macaskillはまた、大規模な組織は、ICT導入からより高い水準の利益を享受する可能性が高いと指摘した。

アンケートによると、1,000人以上の企業を含む企業のうち、22.5%がICTの影響を評価して「イノベーション」していると回答し、14.7%がICTの影響を「差別化」と評価した。

これに対して、従業員数100人未満の企業の18%がICTの影響を「革新的」と表現し、9.8%が「差別化」と評価した。

Macaskill氏は次のように述べています。「シンガポールのビジネスリーダーは、ICTの成果への貢献が改善する余地があることを明確に見ています。

同氏は、ICTが「提供する」、あるいは「改善する」と回答した回答者の71%は、その成果を引き上げなければならないと主張した。シンガポールを都市の賢明な都市に変身させることができます彼らはinfocommによって動かされる本当に知的な国を作り出すのに役立ちます。

IBMシンガポールが委託したこの調査は、2011年12月に実施され、アジアの登録会員および読者のウェブサイトであった373名のIT役員および意思決定者を対象に行われました。この調査は、シンガポールの幹部がICTがビジネスにどのように貢献しているか、ICT導入の進捗状況を明らかにすることを目的としていました。回答者には、シンガポール政府のIntelligent Nation 2015(iN2015)10年間のロードマップが、2006年の開始以来、業界にどのような影響を与えたかについての意見も求められました。

シンガポール経済へのiN2015の貢献を記述するために、回答者の35.4%が「差別化」していると回答し、残りの16.4%が「差別化」であると回答した19%が「イノベーション」と答えた。

71.8パーセントは、10カ年の国家ロードマップがより良い地域のICTスキルを提供するのを助けたと答えた71.1パーセントは、71.1パーセントは、そうでなければ存在しない機会に彼らのチームを公開したと述べた。

具体的には、81.2%がiN2015がシンガポールをより良い仕事場にしたとの意見に強く同意した.78.8%が都市部をより良い住まいにしたと答えた。79.9%が銀行を効率的にしたと答え、73.2%同国におけるITの未来についての「楽観感」をもたらしました。

しかし、55%という著しく低い割合は、iN2015が水や電力などのより効率的な公益事業を創出したことに同意または強く同意した。さらに、この声明では、12.1%が同意しなかったか、または強く反対した。より効率的な公共交通機関の構築に寄与しているかどうか尋ねられたとき、9.9パーセントにも同様の否定的な感情があった。

セキュリティ、コスト削減の優先事項ITの優先順位に関しては、シンガポールの企業はセキュリティをランキング上位に挙げています。回答者の約3/4(73.2%)は、安全なIT環境を最優先または最優先として提供する必要があると指摘しました。

全体のITコストを最優先にしていると回答した人は67%、情報に基づく意思決定を支援するためには情報管理を改善する必要があると63.8%が強調しています。

インテリジェントシンガポール、インテリジェントシンガポール、インテリジェントシンガポール、トレーニングはシンガポールの失敗したiN2015職種、インテリジェントシンガポール、インフラストラクチャー、コネクティビティはアジアのハブ競争、インテリジェントシンガポール、2013年のシンガポール:Supore光りますが、ブロードバンドが必要です

Macaskill氏は、セキュリティに重点を置いているのは、クライアントやサプライヤによるIT環境やサービスへのアクセスの増加、企業ネットワークにアクセスするモバイルデバイスの増加によるものであると指摘しました。

同氏は、ITコストを削減する必要があることから、仮想化された統合環境やクラウドサービスを通じてICTインフラストラクチャを合理化するために、ここでビジネスを推進していると付け加えました。

また、今年度のIT展開計画では、モビリティが重要視されました。

この調査によると、回答者の38.9%がすでにモバイルワーカーの導入を開始した、または完了しており、20.9%が今年も同様の取り組みを展開することが明らかになった。 2012年末までに、シンガポールの組織の59.8%がモバイルワーカーを抱えています。

Macaskill氏は次のように説明しています。「2012年のシンガポールITリーダーにとっては、スタッフとクライアントアプリケーションのモビリティサービスが主な焦点になっています。企業は、パーソナルデバイスが企業のネットワーク、アプリケーション、およびデータにアクセスできるようにすることでモバイル人材の導入を促進しています。

「この発展には、パーソナルデバイスのセキュリティに新たな焦点が必要であり、これはIT優先事項の中でセキュリティの第1位と一致しています。

シンガポールのe-govサービスはまだ統合が不十分

シンガポールで失敗したiN2015職種の救済策はトレーニングです

インフラストラクチャー、コネクティビティがアジアのハブ競争を先取り

2013年のシンガポール:スタートアップは輝くが、ブロードバンドのニーズが高まる