SAP Business by Design:マルチテナントの獣を飼いならす

過去2年間で、SAPは中規模のソフトウェアをBusiness by Designと呼ばれるサービス(SaaS)製品として過度に誇張し、市場での評判は一貫していませんでした。今週のインフルエンザサミットで、同社は状況を改善するために重要なステップを発表しました。

詳細については、このトピックについてのSAPエグゼクティブとのいくつかのブリーフィングに参加しました。とりわけ、これらの会議には

以下のビデオインタビューで、RainerにBusiness ByDesignを市場投入するSAPの計画について尋ねました。彼は、SAPの戦略が支えている3つの主要な柱について議論しました

1.参照顧客。顧客は実績のあるソリューションを購入したいので、SAPはアーリーアダプター向けに「チャータープログラム」を開発しました。現在、SAPは100人以上のBusiness ByDesignの顧客を持ち、約50人がライブ(または近い)です。

2.スケーラブルな操作モデル。オンデマンドのソフトウェア配信の経済性は、比較的平坦なインフラストラクチャコストを維持しながら、顧客の成長をサポートするベンダーのプラットフォームを必要とします。市場は、このタイプのスケーラブルな経済性を達成するためのインフラストラクチャーの開発に失敗したため、SAP市場を批判しました。これらの問題に対処するために、2009年には、Business ByDesignを、2010年末までに完全に導入する予定のマルチテナントシステムに移行しました。

3.生態系。 Business ByDesignは、.NETやVisual Studioなどの標準Microsoft開発ツールを使用しているパートナーによって拡張可能です。サードパーティがBusiness ByDesignで特定のアプリケーションを簡単に構築できるようにすることで、SAPは製品の周りに活気のあるエコシステムを構築したいと考えています。

プロジェクトの失敗分析

市場はByDesignには親切ではありませんでしたが、SAPは主な反対意見の殆どを克服する道にあるかもしれません。 2010年にSAPが目標を達成できるかどうかは、時間だけで明らかになりますが、確かに過去1年間に大きな進歩を遂げました。

顧客獲得コスト。昨年、ByDesignの顧客と話をしてみると、彼らは一般によく扱われ、SAPに満足していることは明らかです。しかし、これらのチャーター顧客はSAPへの投資を表し、経済学者は最終的には競合他社が提供するセルフサービスモデルへの移行を要求しています。この移行は、経済性と顧客関与とサービスのための異なるモデルの定義に関連するSAPにとっての課題です。

マルチテナンシー。スケーラブルなインフラストラクチャー経済に関して、私はSAPが最終的にこの問題を処理し、マルチテナントの獣を悩ませたと考えています。

プラットフォーム。ソフトウェアベンダーがパートナーにサインアップするように説得することができれば、プラットフォーム戦略は素晴らしいことがあります。成功は、開発者に魅力的な財務条件を提供することに依存し、ビジネスbyDesignプラットフォームを使いやすくてプログラムに直感的にします。

———-

私のテイク。 2009年に大きな進歩を遂げたにもかかわらず、Business byDesignのSAPの最大の課題は未だに残っています。 SAPが製品を市場に一般リリースとして提供している場合、顧客を引きつけて保持するのに十分な強さですか?その質問は、早ければ2011年になるまで回答されません。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

Rainer Zinow(中堅企業戦略戦略担当上級副社長)、Christoph Behrendt(中堅企業担当上級副社長)、Jeff Stiles(中小企業マーケティング担当上級副社長)

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

革新、?M2M市場がブラジルに戻り、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何か、CXO、CIOには誰が影響を与えるのか?トップ20はCXO、エグゼクティブデッキをシャッフルするANZ Bank