SAPはCPM:Et Tu、Oracleをサポートしています

SAPは、コネチカット州スタンフォードに本拠を置く企業パフォーマンス管理ベンダーであるOutlookSoftを買収して、わずかなオーダーでオラクルを解雇した.Oracleが2ヶ月前にHyperionの買収を発表したことで、しかし、しばらく前にHyperionのための演劇を作ることを過ごしたSAPは、しばらくの間、競争力のあるCPMのプレイに夢中になっていました。そして、これは望みの効果を持つように見えます。

SAPの「望ましい効果」はOracleのものとわずかに異なることに留意してください。 SAPは買収で3つのことを確認することに非常に関心を持っています。ビッグバンの買収に伴う大規模かつ文化的な混乱を避け、少なくとも新技術と新しいアイデアを市場にもたらしていると確信してくださいNetWeaverに関してだけではなく、ガバナンス、リスク、コンプライアンス、Duetなどの重要なイニシアチブに関しても、買収が意味をなさないことを確認してください。

これに関して、OutlookSoftは3-ferです。比較的小さな会社で、数百人の従業員、700人の顧客(あまりにもぎこちないことはありませんが、Hyperionの15,000人の顧客からは遥かに悲しい)です。 Microsoft Officeは、SAPのDuet戦略と密接に関連しているユーザーインターフェイスの基盤です。また、OutlookSoftのCPMに焦点を当てることで、SAPのGRCイニシアチブと緊密に連携することが約束されています。このイニシアチブは、インストールされたベース、さらにはSAP以外の顧客にとっても印象的な進出を遂げています。これは、OutlookSoftがもたらすシナジー効果をさらに高めます。700人の既存顧客のうち75%がSAP以外の顧客であり、これはSAPに直接アピールするストーリーの別の部分です。

これは、SAPとOracle / Hyperionとの競争のためにはどうなりますか?変化するものの1つは、CPMに関する対話です。 SAPにはCPM戦略を記入するための3つの主要製品があります。戦略管理はPilotの買収でカバーし、収益管理はAcornとの販売代理店契約でカバーします。そして今、計画と統合はOutlookSoftによってカバーされています。 SAPは独自の統合上の課題を抱えていますが、Hyperionと比較してOracleの統合要件よりもはるかに簡単に克服することができます。

私が考えているのは、GRCとDuetとの統合であり、これは一般に最先端イニシアチブとみなされています。特にGRC:これは3文字の略語で、オラクルはまだ自社の製品で効果的に挑戦していません(既にオフィス統合を行っていますが、マーケティングはDuetのような機能を大部分活用していません)。 GRCはCFOの事務所の中で強力な立場をとっています.Operionをポートフォリオに入れれば、そうはならないと期待していた何かが、オラクルを擁護する良い機会を与えています。

だから、今度はCFOのオフィスで戦闘が再開されました。それは興味深い戦いになるだろうし、両方の企業に重要なアップセル/クロスセリングの影響があるだろう。これらの2人のライバルがどこに行くのか見てみると、ただの観客スポーツに向かうだけでなく、ビジネスインテリジェンスの未来が始まります。

オラクル、クラウドベースの倉庫管理用のLogFireを取得

Oracle OpenWorldに目を向けよう

オラクルのデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはmehアップグレードサイクル

「Oracle NetSuiteの合併中に利益を得ることを目指す中期的な市場の勢いを掴む

ビッグデータ分析、Oracleは、クラウドベースの倉庫管理用のLogFire、エンタープライズソフトウェア、アイ・オブ・オアアール・オープンワールド:エンタープライズソフトウェア、エンタープライズソフトウェア、Oracleデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはメッシュアップグレードサイクル、クラウド、市場の勢いは、Oracle-NetSuiteの合併中に獲得することを目指す