SAPは「ハイブリッド」CRMを展開

SAPは本日、売上、サービス、マーケティングの管理のため、大規模および中規模の企業に焦点を当てたCRMオンデマンドアプリケーションを発表しました。同社はサブスクリプションベースのライセンスで、「hybid」CRMと呼んでいる。 SAPのアプローチは、オンデマンドとオンデマンドの間のブリッジを行う、より洗練された伝統的なサービスとより多くのサービスを提供するホスティングサービスの両方を含みます。

SAPのオンデマンド展開モデルは、単一テナントの低リスクとマルチテナントアーキテクチャの効率性を組み合わせた「独立テナント」と言われています。

分離テナントとは、セールスフォース・ドットコムなどが主張するマルチテナント・モデルのように、顧客がデータベースやメモリを共有しないことを意味します。 SAPの理事会メンバーであるShai Agassi氏は、「ユーザの皆様、特にピーク時には、ユーザの慈悲に惑わされたくありません。 「同日のデプロイメントモデルを作成することが目標でしたが、顧客コミュニティが混乱しないようにすることでした。第1世代はCorioによって開発されました。あなたは管理しなければなりませんでした。第二世代は、同じシステムを使用するすべての人とマルチテナントでした。

SAPはこのハイブリッドアプローチにより、オンデマンドとオンデマンドのギャップを橋渡しする、いずれの方法でも移行できるようにすると述べています。 IBMはSAPのオンデマンド・ソリューションを実行するためにDB2データベースとホスティング・サービスを提供する予定である(これはOracleのオンデマンドCRMであり、現在はOracleのオンデマンドCRMである)。 「他のベンダーとは異なり、当社にはロックインはありません」とAgassi氏は述べています。

SAPのオンデマンドソリューションを紹介するShai Agassi

要求に応じてSAP CRMのエグゼクティブバイスプレジデントであるBob Stutzは、分離されたテナントについてさらに説明しました。 「独立したテナントは、両方の世界のベストを提供します。ソフトウェアの唯一のマスターコピーがすべての顧客にプッシュされますが、それらはすべて、別々のシステムを持っていて、マルチテナントアーキテクチャーに関連したブラウンアウトを避けることができます。 SAPプラットフォームのエコシステムを構築するための基盤APIであるESA(Enterprise Service Architecture)サービス定義を使用して、オンデマンドに移行することができます。

最初のSAPオンデマンドモジュールは、今日発売された販売であり、顧客に展開される四半期ごとのリリースが続きます。次のモジュールはマーケティング、それに続くサービス、Stutzが追加されます

オンデマンドCRMは今日、英語とドイツ語で利用可能で、他の言語も提供されています。 SAPのオンデマンドCRMと従来のCRMの両方のバージョンでは、NetWeaverプラットフォームを基盤として使用しています。

競合他社の体重が増えています。NetSuiteのZach Nelsonは次の文を電子メールで送りました

SAPはサービスが「CRM」であると考えて、驚くべき間違いを犯しています。クライアント/サーバー市場と同様、最終的に次世代アプリケーションの戦いに勝つアプリケーションは、企業の中核的なビジネスプロセスを実行するために設計された統合されたアプリケーションスイートです。文字通りCRMで始まる統合スイートを構築することはできません.Siebelまたはsalesforce.comに問い合わせてください。 ERP(NetSuiteと同様)をベースにしてそこからブランチアウトする必要があります。重要なのは、「SAPのサービスとしてのERPはどこにありますか?しかし、SAPがバックオフィスに対処していないのはうれしいことです。これは、オンデマンド市場で最も急速に成長している市場であるERP市場をNetSuiteに任せるためです。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらします

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社であるVivandaに投資します

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業