Microsoft CEOのNadellaが3月27日にiPadでOfficeを発表する

マイクロソフト社の新しいCEOサティア・ナデッラ自身が、マイクロソフト社のOffice for iPadを買収しているようだ。

iPhone:新しいiPhoneをリリースしたときのAndroid所有者の行動、革新、ブラジルでのM2M市場の復活、モビリティ、中国のスマートフォン400ドル?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる、iPhoneは、耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損傷をカバーしていない

Microsoftは、3月27日のサンフランシスコでの記者会見で、「クラウドコンピューティングとモバイルコンピューティングの交差点に焦点を当てたニュース」を予定している。 Nadellaはオープニング発言を提供する予定です。

いくつかの情報源によると、マイクロソフトの最新の予定表には、2014年3月末までに、長い間噂されていたMicrosoft Office for iPadアプリケーションスイートが導入される予定です。この3月27日のイベントは、時間と場所のように聞こえます。

iPad用のスイートには、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、そしておそらく他のOfficeクライアントアプリケーションは含まれていないと噂されている。 Apple Storeからダウンロードされる予定ですが、Microsoft Office 365サブスクリプションが必要になる可能性が最も高いです(Office Mobile for iPhoneが機能します)。

最近発表されたMicrosoft Office 365パーソナルサブスクリプション(ユーザーが1台のPCまたはMacと1台のタブレットにOfficeをインストールできるようにする)は、サポートされているタブレットタイプの1つとしてiPadsを追加する予定です。 (現在、「1つのタブレット」は「1つのWindowsタブレット」を意味する)

Office for iPad(コードネーム「Miramar」)は、私が前にブログしたように、Microsoftのタッチベースト版のOffice(コードネーム「Gemini」)よりも市場に出る可能性が高まっています。

マイクロソフトの関係者は、やや丸められた方法で、Office for iPadが存在していることを認識しています。最後に聞いたところ、元CEOのスティーブ・バルマー氏は、マイクロソフト独自の「ジェミニ」のOffice導入後、しばらくして来ると思った。 Geminiは、MicrosoftのMetro-Style / Windows StoreバージョンのWord、Excel、PowerPoint、OneNoteです。

しかし、バルマー氏と同社のシニアリーダーは、昨年末に向けて心の変化を起こした可能性がある。私の連絡先の1つによれば、Officeチームの提案によると、Office 8.1は、Windows 8.1版以前には、Office for iPadが準備が整い次第、すぐに市場に投入されるだろうという提案がありました。 Office for iPadの新しいタイミングは「2014カレンダーの前半」にシフトしました。 (昨年の夏の私の情報源は聞こえていたが、Office for iPadは2014年秋までデビューしなかった)

マイクロソフトは3月27日のイベントをウェブキャストする予定で、これは10a.mで始まる予定です。 PT / 1p.m.E.T. (そのウェブキャストのURLはまだ利用できません)。

これからのイベントで、Windows 8.1向けタッチプリファーストアプリのGeminiスイートについて、マイクロソフトから何かが出てくるのは興味深い。 Microsoftの関係者は、Build 2013でGemini PowerPoint Appのアルファ版を公開し、その時点でGeminiのスイートはWindowsストアで2014年カレンダーで利用できると述べた。

マイクロソフトの関係者は、Office on iPad発表が3月27日のイベントの一部になるかどうかについてはコメントしていない。

Appleが新しいiPhoneをリリースしたときのAndroidの所有者の行動

M2M市場はブラジルに戻ってくる

400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる

耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損傷をカバーしていません