Microsoft:ボリュームライセンス契約は現在「クラウド対応」です

今日の7月1日は、Microsoftの2012会計年度初めの日であり、新しいクラウド型ライセンスの変更が開始された日でもあります。

プログラム名が示しているように、ソフトウェアアシュアランス契約を結んでいる顧客は、「社内またはクラウド内の特定のサーバーアプリケーションライセンスを共有ハードウェア環境に展開することができます。既存のライセンスを認定サービスプロバイダに割り当てることができます。

ライセンス移動は7月1日から開始されます。プログラムのライセンスを受けることができるサーバーアプリケーションには、SQL Server、Exchange Server、SharePoint Server、Lync Server、System Centerサーバー、Dynamics CRMなどがあります。 Windows Serverは対象にはなりません。また、Windows Serverオペレーティングシステムのライセンスは、マイクロソフトのプログラムの概要によれば、「顧客のオンプレミスハードウェアに適切なライセンス条件で割り当てられたままです。

マイクロソフトはライセンスモビリティの導入を検討しており、ライセンスを追加することなくいつでも顧客がアプリケーションサーバーのワークロードを社内からクラウドに移行することが容易になるようにしています。ハイブリッド型のクラウド・オンプレミスの導入を検討している顧客にとっては、新しい用語は人生を楽にしなければならないとMicrosoftの関係者は主張しています。

7月4日に、マイクロソフトの新たに更新されたエンタープライズアグリーメント(EA)ボリュームライセンス条項が効力を発揮します。更新されたEAを介して、ユーザーは主にデバイスベースのライセンス条件に限定されません。代わりに、製品のライセンス方法を混在させて対応させることができ、クラウド展開もオプションの1つです。 Volume License Product Managementのディレクター、Mark Croftは、ボリュームライセンシーが同じ機能を2度ライセンスする必要はないという結果に終わりました。

企業合意はクラウド対応であり、Software Assuranceはクラウドをサポートしています。

基本的なボリュームライセンス条項はそのまま残る、とクロフト氏は述べている。デバイスライセンス、組み込みのソフトウェアアシュアランス条件、3年間の契約期間、および年間和解は依然として存在します。しかし、この変更は、「大半の(ボリューム)顧客がハイブリッド環境になることを認識している」とCrosft氏は述べている。

新しいEA用語は、UK VAR Software Manager Rich Gibbonsのこの記事でよく説明されています。 (Gibbonsは彼のポストで新しいコアクライアントアクセスライセンスについて言及しています。

マイクロソフトは、7月11日の週にワールドワイドパートナー会議で、クラウドライセンスの変更とそのパートナーにどのように影響を与えるかについての詳細を共有する予定です。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む