MicrosoftはIDデータのためにインドから400件のリクエストを受け取りました

昨年、インドの法執行機関は、犯罪行為の調査を支援するため、ユーザーアカウントに関する情報をMicrosoftに418要求しました。

革新、?M2M市場がブラジルに戻ってくる、セキュリティー、FBIがCrackasのメンバーを逮捕米政府関係者のハッキングに対する態度、セキュリティ、Wordpressは重要なセキュリティホールを修正するために今更新するようユーザーに促す、セキュリティー、ホワイトハウスは連邦最高責任者情報セキュリティ責任者

この調査には約600件のアカウントやIDが含まれていたが、米国の技術巨人はインドの要請に応じてコンテンツデータを提供していなかったという。

しかし、法的要件を満たしていないため、非コンテンツデータを88.5%、要求を拒否したのが1%だったという。 10.5%の時間の間、Microsoftはインド政府が指定したユーザーアカウントの情報を見つけることができませんでした。

政府は2011年に買収したスカイプに関するデータに対して53件の要求を出し、101件のユーザーアカウントを要求した。しかし、インドからの要請は他の国からの要請より少なかった。

マイクロソフト社によると、法執行機関の要請は合計12,227件、昨年はSkypeを含む29,379件のアカウントに影響を与えました。世界中で、このベンダーは様々な国際法執行機関から75,378件の要請を受けました。

レッドモンドはSkypeを除いて、トルコからの電子メールアカウントに関するデータを11,434件、14,077件のアカウントに配信しています。これに続いて、11,073件のリクエストで24,565件のアカウント、9,225件のアカウント、14,303件のアカウント、フランスの8,603件のリクエスト、17,973件のアカウント、8,419件のアカウント、13,226件のアカウントなどがあります。

これらの統計情報は、国家安全保障局(National Security Agency)は数年間、秘密裏にデータを採取しており、PRISMと名付けられたイニシアチブで9つのシリコンバレーの巨人から。今週初めにMicrosoftが米国政府に与えた主張、電子メールやストレージの暗号化などのセキュリティ対策をバイパスする機能を否定した。

マイクロソフト社の法務・法務担当副社長であるブラッド・スミスのマイクロソフト社の法律顧問であるブラス・スミス氏は、水曜日のブログで、米政府に対し、レドモンドなど米国のハイテク企業に、国家安全保障要求の取り扱いに関する情報を公に公開するよう促した。

スミス氏は、「米国憲法は、より多くの情報を公衆と共有する自由を保証していると確信しているが、政府が私たちを止めているとしている。例えば、政府の弁護士は6月19日に裁判所に提出した私たちが受け取った国家安全保障要求の量を公表します。司法長官がこの状況を変えるために踏み込んでくれることを願っています。

米国政府からの返答を待っている間、マイクロソフトは、漏洩した政府文書がどのように解釈されたかについての「重大な不正確さ」を指摘し、できるだけ多くのデータを共有することを約束した。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命