MicrosoftはDesktop Optimization Packの2013年版をリリース

マイクロソフトでは、4月10日に発表されたソフトウェアアシュアランスのボリュームライセンシーに、Microsoft Desktop Optimization Pack(MDOP)2013をダウンロードできるようになりました。

MBAM 2.0:セルフサービスポータル、System Center Configuration Manager(SCCM)統合、レポート機能強化、Windows 8の簡素化されたプロビジョニングなどの新機能AGPM 4.0 Service Pack 1(SP1):グループポリシーの変更管理をWindows 8に導入し、 DaRT 8.0 SP1:追加の10言語のサポートを追加することで、デスクトップ修復を高速化します。 App-V 5.0 SP1:Office 2010をサポートしているあらゆる場所で、あらゆるアプリケーションを事実上あらゆるアプリケーションで使用できるようにする、UE-V 1.0 SP1:ユーザーがデバイスを簡単に変更できるようにする新しいDefenderエンジンが含まれています。しかし、今Office 2007のサポートを受けて、彼らの経験を維持する

MDOPは、ビジネス顧客を対象とした仮想化および管理製品のバンドルです。

MDOPの略語スープのクイックガイド

MBR = Microsoft BitLockerの管理と監視、AGPM =高度なポリシーグループ管理、DaRT =診断と回復ツールセット、App-V =アプリケーションの仮想化、UE-V =ユーザーエクスペリエンスの仮想化

マイクロソフトはMDOP 2013でこの新機能の一覧を提供しました

Microsoftは2012年11月にMDOP 2012バンドルをリリースしました。

MDOP 2013は、ボリュームライセンスセンターからダウンロードできます。

VMwareがvSphereを強化し、Horizo​​n、Workspace ONE製品を更新

VMwareの次のプレー:企業向けのすべてのクラウドの管理

VMwareは、vSphereを強化し、Horizo​​n、Workspace ONE製品を更新、Cloud、VMwareの次のプレイ:エンタープライズ向けのすべてのクラウドを管理、データセンター、PunixData、Calm.ioをクラウドの野望を強化する動きで買収、Nvidiaがバーチャル化GPUモニタリング、分析

NutanixはParmixData、Calm.ioを買収し、雲の野望を強化する

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始