Microsoftとのパートナーシップと競合:太陽の下では新しいことはありません

8月20日に開催されたマイクロソフトとシスコの最高経営責任者(CEO)の会合は、非ニュースの総会でした。マイクロソフトはそれについて誤った期待を寄せていませんでした。このイベントに参加した人は誰もいないと考えられています。特に、2人のプレーヤーを含む合併/買収ではなく、重要なことはありません。

マイクロソフトのCEO、スティーブ・バルマーとシスコのCEO、ジョン・チェンバースが繰り返し家に迷惑をかけようとしていたというメッセージは、2つのベンダーがまったく新しい種の協力/競争関係を確立しているということでした。しかし、その主張にも、実質的な価値はまったくありませんでした。

Adobe、Apple、IBM、Oracle、Sun、Novell、SugarCRMなどのMicrosoftの多くのパートナーは、Microsoftの競争相手であり続けています。マイクロソフトは、これらのパートナーとのマーケティングおよび技術提携を鍛えています。マイクロソフト社のasoは、それらを手と手の戦いで奪取します。マイクロソフトはISVおよびOEMパートナーとロードマップとコードを共有すると同時に、市場でそれを打ち負かす方法をプロットしています。

シスコとマイクロソフトでは、顧客が、何か新しいことがあると信じたいと思っています。両社のエンジニアは、現在および将来の製品が適切な場所で相互運用可能であることを確認するために協力しています。

このペアは、今後7つのコラボレーション分野について概説しました。彼らが集中している一般的な分野

•ITアーキテクチャー•セキュリティ•管理•ワイヤレス&モバイル•ユニファイドコミュニケーション•コネクトエンターテイメント•中小企業(SMB)

(そこには驚きはありません.7人は、今後2〜5年間で最も激しく競争する同じエリアです)。

どうやって、これはMicrosoftが他の共同作業と一緒に働く方法とは違うのですか?そうではありません。

BallmerとChambersは今日、CiscoとMicrosoftの両方の製品がインストールされているCIOの一員です。彼らは、シスコとマイクロソフトの成果物を相互運用できるようにすることがまだどれほど難しいかという不満を耳にします。太陽の下で新しいものはありますか?いいえ – ベンダーに人生をより簡単にしたい、また顧客に月を約束しているベンダーの観点からではありません。

あなたが実際によりよい(あるいはまったく異なる)協力/競争モデルを提供していると考えることができる業界関係はありますか?

シスコ、コンテナのスタートアップコンテナを購入

リオオリンピックのハイテク遺産

シスコはコンテナのスタートアップContainerX、イノベーション、リオオリンピックの技術遺産、インターネットの購入、シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する、ネットワーキング、シスコは最大14,000人のスタッフを雇用する:レポート

シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する

シスコは、最大14,000人のスタッフを雇用しています。