EUが独占的な特許制度を取得したため、Trollの警告、数十年の失敗後

欧州連合(EU)議会は、新EU全体の特許制度の規則を承認した。これは、組合全体に適用される特許を取得するコストを大幅に削減することを意図している。

しかし、反ソフトウェア特許の選挙運動者は、この計画の承認により特許トロールがヨーロッパに活動を持ち込むことがより容易になると言います。

この点に着くまでには30年以上かかりましたが、最近の主要なブロックは言語のブロックです。成功した提案は、英語、フランス語、ドイツ語の欧州特許庁(EPO)に特許を提出することです – スペインとイタリアは、同等の重みを与えられていない言語に反対しているので、制度から抜け出しました。それは他の人のためについに進んでいく。

2014年の初めに発効すると予想されている単一の特許制度は、EU全体の特許崩壊を最大80%まで減らすためのコストを見込んでいる。現時点では、各EU加盟国で適用される保護のために企業が特許を取得する必要があります。これは非常に高価です。なぜなら、特に翻訳コストのためです。

米国では、2011年に224,000件の特許が付与され、中国では172,000件の特許が付与されたが、欧州では62,000件の欧州特許のみが提供された。この違いの理由の1つは、独占的なコストと、単一市場全体の特許保護を得るための複雑さであることは間違いありません。

既存の特許と将来の単一の特許に関する紛争を審理する統一特許裁判所(UPC)は、新しい体制の中心となるだろう。重要なのは、これは国内裁判所における並行訴訟の必要性を排除することです。

UPCの本拠地はパリで、ロンドンとミュンヘンには「専門クラスター」があります。

欧州全体で許可されているソフトウェア特許(これは限られているが国によって異なる)に対して長い間キャンペーンしてきたFSFE(Free Software Foundation Europe)は、承認されたシステムは「深刻な欠陥があり、 。

トロールのための豊富なピッキングを提供するのではなく、ソフトウェアの特許が実際に働いていれば素晴らしいだろうとMike Lee

我々は、多くのMEPがヨーロッパの研究者やイノベーターをバスの下で投げ捨てる準備をしていたことに失望している」と語ったFSFEのチャールズ・ゲロフ会長は声明で述べた。ヨーロッパのための単一の特許制度であり、関係者の多くは単に議論を終わらせたい。しかし、我々は選出された代表者の多くを期待していただろう。

FSFEによると、欧州議会は、ソフトウェア特許に対する比較的緩和された政策のために、EPOにより多くの力を与えるのは間違っていた。比較のために、英国は特定の問題を解決すればソフトウェア特許を許可し、EPOはプログラム全体をカバーする特許を認めるか、それを「コンピュータ実装の発明」と呼んでいる。

ソフトウェア特許に関しては、米国はもっと容認している。だから、アップルとサムスンの間、かなり抽象的なソフトウェアの特徴のような壮大な戦いを見てきたのである。

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係、銀行業務、Googleはオーストラリアからの交渉の保証を望んでいる大銀行

ソフトウェア特許

FSFEは、欧州特許庁は、ソフトウェアに対する特許付与慣行を継続する余裕がさらに大きくなるとし、競争と革新に害を及ぼし、企業やソフトウェア開発者にとって不必要なリスクを生み出すと指摘している。採用されたテキストが、特許トロールを含む、欧州におけるより激しい特許訴訟につながる可能性もあります。

?パース警察は制限されたコンピュータにアクセスしました

大韓民国最高裁は、サムスン従業員の白血病症例は仕事に関係しないと規定している

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係

Googleはオーストラリアの大手銀行からの交渉を保証したい