CCAの次のサプライチェーン・オーバーホール

飲料専門のコカ・コーラ・アマチル(CCA)は本日、今年末までにオーストラリアの事業に重要な新しいサプライチェーン・テクノロジー・システムを導入する計画を発表しました。

このイニシアチブはOne Amatilの情報システムProject OAisysの一部であり、同社はドイツのソフトウェアメーカーSAPと提携して過去数年間にわたって業務を行ってきました。

3月、CCAの最高情報責任者Barry Simpsonは、積極的なタイムラインにもかかわらず、予定通りにプロジェクトが進行していると述べた。

今日、同社は定期的なブリーフィングで、今年は新しい金融と人的資源管理、システム、新しいコールセンターと設備サービス、ソリューションの導入など、プロジェクトのフェーズ1を成功裏に完了したと述べた。

フェーズ2は2009年初めに給与計算と需要を伴い、オーストラリアでは計画的なソリューションを実施し、オーストラリアでは重要な役割を果たしていますが、サプライチェーンの執行システムやニュージーランド事業のOAisysの第1フェーズは、 2009 “と同社は書いている。

同グループはこれまでこれまでに費やした費用については言及していないが、以前は価値があると報告されていたが、6500万ドル。 CCAは今年2月に通年で報告されたが、昨年のOAisysのOR / 1には2000万ドルを費やした。

OAisysは、CCAの広範なインフラストラクチャー・キャピタルの主要コンポーネントである投資計画であるProject Zeroには、Northmead and Eastern Creekの4400万ドルの自動倉庫システムが含まれています。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらします

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社であるVivandaに投資します

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業