2014年度のマイクロソフトの上位8つのビジネス優先事項

一方、マイクロソフトの再編成の見通しについてはうわさがありますが、2014年度に向けて、来年度のビジネス上の優先事項に関する不確実性は少なくなります。

Windows 8のタブレットとアプリでのリード、Office 365(毎年昨年のパートナーショーで個人的に役立つことを約束したターナー)、Yammer、SharePoint、CRM(およびLync / Skypeを使用した音声)、ITコンシューマ向けHyper-V、System Center、Azureを使用してAWSとVMwareに勝つ、BI /大規模環境でSQL Serverをプッシュする、Windows XPを廃止する、新しいWindows / Officeバージョンで置き換える、データ、データウェアハウジング、OLTP、CRMとDynamics AXのリード

今週ヒューストンで開催される世界的なパートナー会議で、マイクロソフトは、実質的に2014年度に焦点を当てなければならないRedmondの営業担当者の大半である販売パートナーを紹介しています。

Microsoftの優先リストの実際の(そしてより意図的に議論の的になる)バージョンは、Kevin Turnerの朝の基調講演のチーフ・オペレーティング・オフィサーのおかげで、7月10日の基調講演の話題となるだろう。

しかし、ターナーの期待された発言の段階化されていないバージョンがあります。ここでは、7月9日にLSP(ライセンスソリューションパートナー)として再審査された大口再販業者(LAR)のセッションでSoftiesが示したスライドがあります。

あまりにも驚くべきことはありません。しかし、マイクロソフトの経営陣が来年に販売するためにパートナーにインセンティブを与えるために使った統計の中には、注目に値するものがありました。

企業アカウントとパートナーセールス担当バイスプレジデント、ジェフ・ニーハイム氏は、Windows XPの保留期日が2014年4月8日になるまでに、被るPCの台数は、1000万台を超えることになると語った。 Nyheim氏によれば、40,000人以上のマイクロソフト社の新しい顧客が現在、同社との間で2万5千ドル未満の費用を費やしているという。

マイクロソフトの既存ビジネスクラスターの89%はまだMicrosoftクラウド(主にOffice 365、Windows Azure、Windows Intune、Windows CRMを意味する)で製品を使用していません。すべての地域のマイクロソフトの「管理された」/最大の顧客のうち約3万人が現在年金/サブスクリプションの顧客である一方、残りの4万人は今日マイクロソフトと年金関係がない、と関係者は述べた。

Microsoftの幹部らは、これはLSPや他のパートナーが暴落していることを意味するものではないと強調した。今日のパートナーショーでのLAR基調講演では、Microsoftの関係者は、LSPの収入は昨年二桁成長したと指摘しました。マイクロソフト独自のセールスフォースとともに、これらのパートナーは、昨年、11,000の新しいエンタープライズ契約ボリュームライセンス契約を販売し、8,400のボリューム更新を行うのを手伝った、と当局者は今日LARs / LSPに語った。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます