2010年までにSAPの10万人の顧客:

SAPは、Business ByDesignの立ち上げ時に、2010年までに1年に1万人のBBD顧客を追加する予定です。これにより、2010年までにSAPがこれまでに目標とした10万人の顧客に到達するかどうかという疑問が生じました。たとえその目標が野心的だったとしても、BBDは絶対的なユニット数の増加の原動力になると常に私は理解していました。このことを念頭に置いて、私はSAPの取締役会のメンバーでありレオ・アポテカー(Leo Apotheker)に尋ねました。

アポテカー氏は、BusinessOneは、中小企業向けサービスが年間15,000件の顧客取引を達成できると主張しており、ほとんどの成長がBBDに起因すると想定するのは間違いであると主張しています。これは驚くべきことですが、数年後にはSAPには1万5000人のB1顧客しかいないからです。私のB1の進歩の読書が漠然と正確であれば、それは失速しています。これらの販売はどこから来るのでしょうか?不規則な同僚のPrashanth Rai氏は、SAPがインドでB1の数字を売ることができると考えている。

インドには、何かを必要とする小規模ながらも成長するビジネスが多くあり、SAPは市場で製品を持っています。私はBusinessOneに特に感銘を受けていませんが、誰も本当に同等の製品を持っていません。

しかし、本当のショッキングなのは、アポテカーが今やヘッドラインの人物を「冒険的」と「象徴的」と表現しているということです。私は同僚の不規則なファンドマネジャー、ジェイソンウッドに彼のテイクを頼んだ。彼は自信がある

これらはソフトウェアでよく聞く言葉ではありませんが、本当に重要であるかどうかはわかりません。彼らが2010年までに65または70,000に達すると、ByDesignがランタイム率を達成していると主張する市場は幸せになると主張する。私の心の大きな質問は、これが新しいモデルであることを考えると、BBD経済が積み重なるかどうかということです。

SAPは2〜3年の需要を正確に予測することはできませんが、すべての市場セグメントにまたがる製品を提供することで、少なくとも投資家を幸せに保つことができると考えています。特に、同社のウェブサイトの状態に関する最新のアップデート

SAPはこの市場向けのITソリューションで既に世界をリードしています。 2005年には、中小企業で約30%の受注が達成されました。同社の目標は、2010年までにそのシェアを40%から45%の範囲で拡大することです。

ジェイソンの初期の言葉から自分自身を思い出す価値がある

SAPの300ミリユーロボーナスプールは、2010年までに同社の時価総額を倍増させることに結びついています。有機的な顧客追加がない場合、SAPの歴史と行動計画に賛成する積極的なM&A政策が必要です。

Apothekerが暗示しているように、会社がもはや絶対数にコミットしていない場合、市場全体としてはどういう意味ですか?これは解析するのがはるかに困難です。一方で、Salesforce.comは年間売上高で10億ドル、8年間で35,300人の顧客銀行を追跡しています。彼らはSAPの43,000人の顧客から35年の長さをかけています。一方で、SAPの新しく成立したBBDがいかに成功したかは誰も確信していません。このような状況では、回答よりも多くの疑問が残されていますが、SAPが提供するかどうかについてアナリストが注意を払っています。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらします

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社であるVivandaに投資します

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業