韓国、台湾が世界のファブ・ファンドのリバウンドをリード

ファブ機器の支出は、韓国、台湾、米国などの市場を中心に、今年プラスの成長を遂げた。成長の勢いは2013年にも続くだろう、とSEMIの研究は明らかにしている。

水曜日にリリースされたこの研究では、ウェーハ製造装置の支出が前年比2%増えて395億米ドルとなったことが明らかになった。予測は、2012年に350億米ドルに達すると予想され、2011年の390億米ドルから減少したと予測した1月の調査会社の前回の報告書から上方修正された。

また、2012年から463億ドルへと17%伸びると予測して、翌年にも継続的に好調な勢いが続くと予想しています。小規模ながら、SEMIは、2013年の成長率は、マクロ経済要因が介入しないと仮定して、ファブ設備投資の「過去最高」を表していると述べた。

地域別にみると、韓国、台湾、米国では、今年11億ドル、85億ドル、83億ドルでファブ機器を最大限に使う予定だ。また、韓国は2013年に125億米ドル以上の投資を行い、米国は115億米ドル、台湾は80億米ドルを上回っている。

来年、韓国からの最大の支出は125億米ドル、米国は115億米ドル、台湾は80億米ドルを予定しています。

また、2012年には11の新しいファブが建設を開始するが、来年は7つの新しいファブしか建設が開始されないことが判明した。 2012年に建設を開始する新工場の計画生産能力は、200mm相当で月産900,000枚になる予定です。この容量の60%をメモリが占​​め、次にファウンドリが20%、システムLSIが20%となっています。

2013年に建設を開始する新工場にも、毎月55万枚のウェーハが予定されています。

Appleが新しいiPhoneをリリースしたときのAndroidの所有者の行動

あなたのiPhoneを安全に拭いて再販する方法

今、あなたはその道で何かを破壊するUSB​​スティックを買うことができます

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

iPhone、再販のためにあなたのiPhoneを安全に拭く方法、ハードウェア、その道のりで何かを破壊するUSB​​スティックを買うことができるようになりました;エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入