調査:デスクトップの衰退期

デスクトップPCは企業ユーザーの主要な情報ツールであり、約20年間は使用されていますが、ラップトップの低価格化と無線ネットワークの急速な進化により、情報技術者が新しいテクノロジを採用するにつれてPCの人気が低下すると予測しています。

Metaの技術リサーチサービス担当副社長であるSteve Kleynhans氏によると、法人ユーザーの45%がデスクトップPCを主な情報ツールとして使用していますが、40%はノートPCやタブレットPCを好んで利用しています。最終的な15%は、シンクライアントや代替の「情報機器」に移行します。

Kleynhansは、情報労働者の60%が、会議から会議に移動する「廊下の戦士」として説明しています。このようなタイプの労働者は、「電子メール、インスタントメッセージング、Webブラウジングなどの基本情報へのアクセス権と施設内でのミーティングに参加しているときのメモ機能」があれば、生産性が向上する可能性があります。

デスクトップPCは死ぬまでには至りませんが、企業情報にアクセスして同僚とのコミュニケーションのツールとしての重要性は薄れています。 「2007年までに平均的なユーザーは、個人用の家庭用PC、スマートデジタルエンターテインメントシステム、企業向けコンピュータ、携帯情報機器の少なくとも4つの異なるコンピューティングデバイスと定期的にやりとりするだろう」とKleynhans氏は語る。

Kleynhansはまた、スマートディスプレイの再生を予測しています。 Microsoftは最近、消費者重視の製品を殺したが、Kleynhans氏は企業内でデータへのローミングアクセスが必要なため、この技術が企業環境に再現されることを期待していると語った。

このデバイスは、ユーザー間で共有されたり、会議室に保管される可能性があります。ほとんどのナレッジワーカーの会議の生産性が向上すれば、どんなコストもそれを上回るはずです」とKleynhans氏は述べています。

単一のシャーシ内に多くの低コストPCを組み込んだブレードサーバは、普及しつつあり、特定のアプリケーションや代替オペレーティングシステムの提供や専用の処理能力の提供に使用すると、大きなコストメリットをもたらす可能性があります。

Kleynhans氏は、「BladeはCitrix / Windows Terminal Server(WTS)ソリューションが現在適用されているのと同じ場所で主に実装される一般的なソリューションになるだろう」と述べています。

イギリスのウェブサイトのMunir Kotadiaがロンドンから報告した。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

インテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックス搭載のBlade、Bladeステルスラップトップ

Lenovo、2-in-1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップを搭載したPCを提供

マイクロソフト社のWindows 10 ‘Redstone 2’テストビルド14915は、PC、電話機で利用可能

Windows 10、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場を表明した、モビリティ、RazerがインテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックスを搭載したBlade、Bladeステルスラップトップ、ハードウェア、Lenovoが2対1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップ、Windows 10、MicrosoftのWindows 10 ‘Redstone 2’テスト・ビルド14915がPC、携帯電話