再利用、交換しない:Allianz CIO

アライアンスのCIO、スティーブ・コレス(Steve Coles)によれば、コストのかかるリップ・アンド・リプレースのITプロジェクトに着手するのではなく、既存のITインフラストラクチャをリサイクルして再利用する方が理にかなっています。

シドニーで開催されたCSCのイベントで、コレス氏は「今日のレガシー技術は嫌いだ。

レガシーとは[システムが]交換されることを意味し、私たちは光沢のある新しいものを手に入れなければなりません。われわれにとっては、リッピングとリプレースではなく、再利用と単純化の戦略の重要な部分です」とColes氏は、後者に取り組むCIOは、よりコストがかかるプロジェクトを実施することで肩に大きなリスクを負っている正しく動作することはありません。

Colesのケースでは、現在のシステムでは対応していない問題を解決するために彼が来たとき、彼はAllianzの既存の技術を分析し、何が革新できるかを見極めることにしました。

「システムが何をしているのか、それが何をしているのかを見てきて、それは非常に効率的で信頼性が高く、機能面で多くの投資をしていました。長年にわたりビジネスに携わっていたことは厳しい要求です」と彼は語った。

Coles氏は、どのようなシステムについて話していたのか分かっていませんでしたが、リップ・アンド・リプレースの考え方を迂回すれば、わずかなコストでビジネスのニーズに対応することができます。

「この戦略を使用していなかった場合、私たちが事業に課す費用は、私たちが提供する価値を提供するものではなく、重要な要素です」と述べています。

このような理由から、リップ・アンド・リプレース・プロジェクトはインフラ整備を目指す金融サービス事業に有利にならないだろう、と彼は指摘する。

「ITを再利用することは、国際的にはより活発になっています。大規模な技術投資は、大きな投資であるだけでなく、巨大なリスクです。大きな技術投資の失敗のまわりで市場にはたくさんのものがありますが、再利用し、コンポーネントを追加するだけでなく、コストを削減するだけでなく、リスクも削減します」と同氏は述べています。彼は、成功した再利用プロジェクトを完了できることは、あなたがCIOとして継承したものに依存すると付け加えました。

私たちはより成熟した環境を持っていましたが、ビジネスが私に求めていたことのいくつかをサポートすることができましたが、それがなければ再利用のための十分な基盤から始めるわけではありませんプロジェクト]。

“私はリップと交換をディスカウントしません…しかし、私たちにとっては、それは適合しませんでした。私たちがいた状況で私たちは一人ではないと確信しています。リップアンドリプレースリスクのレベルのために戦略が進んでいますが、それはあなたの出発ポジションに戻ってくるでしょう」と彼は結論付けました。

Coles氏は、まったく新しいバックエンドを実装するのではなく、アリアンツの古いインフラストラクチャを革新することを決めたため、プログラミングのための共通ビジネス指向言語(COBOL)をサポートする必要がありますが、リッピングと置き換えを行うすべての人が、 。

革新、?M2M市場がブラジルに戻り、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何か、CXO、CIOには誰が影響を与えるのか?トップ20はCXO、エグゼクティブデッキをシャッフルするANZ Bank

しかし、Colesは技能不足の噛み付きを感じていない。代わりに、COBOLのリソースを探すのが良い時期だったと彼は言った。

「[COBOLは]多くの[組織]がその技術の積み重ねを取り除いているので、[人を雇うのがずっと難しくなるよりはずっと簡単だという]私たちがそこで資源を確保することは簡単です。これまで以上に容易になったのです」と彼は言いました。

アリアンツは、350名のチームに40人のCOBOLスキルを持つ従業員を雇っています。そのうちのいくつかは30歳に過ぎません。 Coles氏によると、これにより、数年間、COBOLの業務をサポートすることができます。

COBOLを取り巻く唯一のドライバーは、実際にそれをサポートする人材です。適切な人材戦略を立てる上で非常に緊密に監視しているものですが、私たちにとっては今後5〜7年は問題ではありません。そのリスクを慎重に管理しない限り、適切なレベルのサポートを提供する人がいるかもしれないので、私たちはさらされるかもしれませんが、その周りのさまざまな戦略を見ていきます。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル