マイクロソフトのクラウドの変更により、IDと商取引が増加

5月2日に発表されたMicrosoft ServerとTools Business reorgには、多くの可動部分があります。しかし、最も重要な目標は、明らかにMicrosoftのクラウドの位置付けと戦略を強化することです。

新たに任命されたMicrosoftのServer and Tools Business社長であるSatya Nadellaは、すでにチームを立ち上げ、ゲームプランを知らせる。 Microsoftのクラウド戦略は、パブリッククラウド、プライベートクラウド、仮想化、新しいクラウドアプリケーション用のプラットフォームやツール、あるいはこれらの製品を組み合わせたものの中から、最も高いレベルで顧客の選択に集中し続けています。

仕事に数カ月しかかからないNadellaは、より細かいレベルで組織を調整しています。私は、コーポレートバイスプレジデントのスコット・ガスリー(Scott Guthrie)がエンジニアリング面で向かう新しいAzureアプリケーションプラットフォームについて、すでにブログに書いています。 (Guthrieは、Azureの開発者、Web、App Fabricチームを集めたチームを監督しています)そして、Soma Somasegar上級副社長を務める新たに展開された開発者部門があります。

しかし、今日内部で発表されたように、ナデラが扇動しているいくつかの変更があります。これらには

* Commerce Services Platformチームをオンラインサービス部門(OSD)からサーバーおよびツール部門に移行既存のビジネスオンラインサービスグル​​ープ(BSOG)コマースチームは、コマーストランザクションプラットフォームチームと合併して、Office 365が一般的に利用可能になった後、ある時点で1つのコマースチームを作成します(今年6月予定)。広告および商取引のコーポレート副社長Rajat Tanejaは、Office 365、Xbox Live、広告センター、Windows Azureプラットフォームに含まれるすべてのコマースサービスをサポートするこの共同チームの責任者です。 TanejaはNadellaに直接報告します。

*現在のIdentityグループを維持する。これはサーバーとクラウドの両方のセキュリティ/ ID製品で引き続き動作する。 2009年にMicrosoftに加わったLee Nackmanは、ディレクトリ、アクセス、および情報保護部門のコーポレートバイスプレジデントですが、この役割にとどまることはありません。今年の夏にマイクロソフトを離れる企業の副社長のデイブ・トンプソン氏はアイデンティティチームを率いており、マイクロソフトはその部門の新しい頭を探しています。 Nackellaは新しい機会を求めており、Nadellaは今日彼の軍隊に語った。 (これは、数ヶ月前の計画と同じように、NackmanがOnline Services組織の課金とプロビジョニングの部分をもはや見越していないことを意味するのかどうかは分からない。 :マイクロソフトの広報担当者は、「彼(Nackman)がマイクロソフトから離脱するとは思わないが、それ以上の洞察はない」と述べた。

私たちの全部門は、パブリッククラウドサービス、プライベートクラウドサービス、プラットフォームサーバー、そしてツールを使って、私たちがやるすべてのものにクラウドを取り入れるというユニークな使命を共有します」と5月2日のEメールSTBの従業員。

クラウドの「設計ポイント」は、製品ポートフォリオ全体にわたって当社のアーキテクチャに影響を与え、製品の市場投入に努力します。これにより、クラウド経済のメリットをお客様に本当に提供することができます。 Windows Azure Platformは、コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、SQL、アイデンティティ、商取引、アプリケーション開発プラットフォームおよびツールにまたがる完全に統合されたパブリッククラウドサービスです。さらに、Windows Server、Systems Center、およびSQL Serverの次期リリースでは、プライベートクラウドとミッションクリティカルな仮想化機能が、他の主要な顧客シナリオの中でも可能になります。

コードネームのWindows 8 Serverの次期バージョンである2012年末には、企業オブザーバーが出荷を予定しています。マイクロソフトは、System Centerファミリの管理ツールの一部であるすべてのポイント製品を最新にしていますまた、2011年の暦年前には、すべてではないにしても大部分を提供する予定です。また、コードネーム「Denali」の新しいバージョンのSQL Serverは、今年後半または次回に予定されています。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

Nvidiaは非営利の研究のためにAIスーパーコンピュータを提供

データセンター:IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「何十年にもわたって考えることができる、データセンター、Dellテクノロジーズ・リフトオフ:Dell、EMC、人工知能; Nvidiaは非営利研究のAIスーパーコンピュータを提供