マイクロソフトでは、エンタープライズセキュリティの進捗状況レポートを提供しています

昨年11月、Microsoftの関係者は、エンタープライズセキュリティへの同社のコミットメントを強化する計画を発表した。今日、RSAカンファレンスが始まる1週間前の2月25日、Bret Arsenaultの最高情報セキュリティ責任者(CIO)が、その取り組みに関連する製品やイニシアチブの進捗報告を行った。

革新、?M2M市場がブラジルに戻ってくる、セキュリティー、FBIがCrackasのメンバーを逮捕米政府関係者のハッキングに対する態度、セキュリティ、Wordpressは重要なセキュリティホールを修正するために今更新するようユーザーに促す、セキュリティー、ホワイトハウスは連邦最高責任者情報セキュリティ責任者

新しいものとすぐに来るものがここにあります。

Adallomを買収したときに買収したMicrosoftのクラウドサービスであるMicrosoft Cloud App Securityは、2016年4月に一般公開される予定です。Adallomの技術とは、サードパーティのSaaS(Service-as-a-Service)アプリケーションのような顧客データを保護することです。 Box、SalesForce、ServiceNow、Aribaのほか、Office 365も含まれています。

Office 365のフロントでは、Microsoft Cloud App Securityは、Office 365の管理者に異常な動作や疑わしい動作を通知するための高度なセキュリティ警告、ユーザーが接続しているクラウドサービスを分析するためのクラウドアプリケーションの検出、承認する機能を提供するアプリケーションのアクセス許可を提供しますOffice 365に接続されたサードパーティのサービスを取り消す/取り消す。

電子メールによる脅威は、駐車場のチケットを持たずに持ち運びできるように、会社を膝に抱き、個人を推進することができます。

SharePoint Online用の顧客ロックボックスとOneDrive for Businessは、第2四半期に展開を開始します。 Microsoftは12月に、メールボックスやドキュメントの内容に関する顧客の問題のトラブルシューティングに必要なMicrosoftの承認レベルを上げるExchange Online用Customer Lockboxの一般的なリリースを発表しました。これで、SharePoint OnlineとOneDrive for Businessに機能が提供されました。

マイクロソフトでは、Power BIダッシュボードを使用してトレンドや攻撃パターンを明らかにし、モバイルデバイスを含むあらゆる場所からの推奨事項やセキュリティ警告を視覚化してフィルタリングする機能を追加しています。 MicrosoftのOperations Management Suiteには、新しい脅威の視覚化機能も用意されています。

Azureセキュリティセンターに加えて、セキュリティ管理とレポートのオプションが増えています。さらに、Microsoft Operations Management Suiteのセキュリティと監査のダッシュボードも改訂されました。

「インテリジェントセキュリティグラフ」の一部であるMicrosoftによって収集されたデータに基づいて、エンドユーザーと特権IDの疑わしい活動を検出するAzure Active Directory ID保護の来週公開プレビューが予定されています。 Azure Active Directory Premiumの機能であるこのサービスは、ユーザーのリスクの重大度を計算し、将来の脅威からIDを保護するためのリスクベースのポリシーを構成します。

Azure Security Center高度な脅威検出機能がAzure Security Centerに統合され、ユーザーはAzureで仮想マシンをホストする際に高度な脅威の検出が可能になります。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命