フィリピンの台風後の復興支援

フィリピンや海外に拠点を置く情報技術(IT)企業は、台風19号(Yolanda)として台風19号を被った台風被災地で復興に取り組んだ。

フィリピンのオンラインコミュニティは、ブログやソーシャルネットワーキングサイトに乗って、台風Kestanaの犠牲者のための救援活動や救援活動を促進します。

超大型台風がレイテ州を荒廃させて何千人もの人命が失われ、数十億の財産が損壊してから数週間は経っています。救助から救済に至るまでの努力が回復とリハビリに変わるにつれて、引き続き援助が注がれています。

多くの人が地元の通信事業者と親切に寄付し、無料サービスを開始し、一部の地域ではそれぞれの通信リンクを再確立しました。

シンガポールの企業SparklineとOptimizelyは、A / Bテストの無料利用をウェブサイトに提供しました。これは、資金調達サイトがより効果的になり、最終的にはより多くの寄付を集めるのに役立つと主張しています。

ドイツのSAPは、地元の通信事業者と提携してモバイルソリューションを無料で提供しています。このソフトウェア大手は、地元の通信会社がSMSや国際電話に使用する主要なソリューションを提供しています。

コンピュータメーカーデルは、リカバリ業務を支援するために、赤十字などの原因指向のグループ向けにノートパソコンを含む現金と機器を寄付しました。

ヘルプはまた、現金の形で来た。

LG電子は、フィリピン赤十字社に50万ドル(または2100万ペソ以上)を拠出し、太陽光発電設備、主要分野に一時的な電力供給用のパネルを設置することを約束したと伝えられている。

日本の大手エプソンはまた、非政府組織やNGOの現金援助で数百万ペソを調達した。

シュナイダーエレクトリック社(フランス)は、台風により数千人の家族が亡くなった場合に、ライテの再建プログラムや緊急支援(食品パックの形態)に使用される現金寄付を約束しました。

IT部門からの支援は実際には非常に注目に値するものであり、レイテ州を中心とする国が回復の道を歩んでいるため、より多くの援助が行われることを期待しています。

テック・インダストリー、火災の下でのZuckerberg:「Facebookはナパーム・チャイルドの有名なベトナム写真を検閲するのが間違っている;ビッグ・データ・アナリティクス、MapRの創設者John Schroederが辞任、COO、After Hours、Star Trek:50年の積極的な未来主義と大胆な社会的解説。 Tech Industry;ブリティッシュ・エアウェイズの乗客はITの停電により混乱に直面

Zuckerbergが火の下に: ‘Facebookはナパームの子供の有名なベトナムの写真を検閲するのが間違っています’

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任

スタートレック:50年の積極的な未来主義と大胆な社会的解説

ブリティッシュ・エアウェイズの乗客はITの停電により混乱に直面する