パンドラは自らを売却するための予備協議を開始した。

New York Timesによると、世界最大のインターネットラジオ、Pandoraは、Spotifyや他の競合他社との競争が激化するなか、成長を遅らせた後、早期に自らを売却することを話している。

パンドラはバイヤーとつながるためにモルガン・スタンレーと協力していると言われています。会談が実質的な取引につながるのかどうかは明らかではない。

Twitterと同様、Pandoraの最大の問題は成長です。世界最大の音楽ストリーミングユーザーを保有していますが、ユーザー数は2014年に8,150万人に達し、2015年の第3四半期には7,810万人に減少しました。第4四半期には、ユーザー数が8,110万人に増加しました。

一方、競合他社のSpotifyとAppleは高速ペースで成長しており、どちらもSpotifyと同様の無線機能を備えています。

パンドラの株価は10月以来10%上昇し、木曜日に取引を停止した。その時価総額は現在、2年前の70億ドルから18億ドルに減少した。

パンドラのスポークスパーソンは、同社が噂や投機についてコメントすることを拒否したウェブサイトに語った。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力