ソニー、PC事業の売却を確認、5K雇用削減

ソニーは、エレクトロニクス事業の「活性化と成長」を加速させる戦略の一環として、Vaioノートパソコンを投資ファンドに売却する契約を結んだことを確認した。

日本のエレクトロニクス大手は、木曜日、日本産業パートナーズ(JIP)が、VAIOブランドで販売されているPC事業を買収すると発表したが、買収額はどれほどの価値があるかについて詳しくは述べなかった。ソニーは、グローバルPC市場における「抜本的な変化」とスマートフォンやタブレットを含むモバイル製品に焦点を当てる最適なソリューションの中で、この動きが必要だと説明しました。

JIPは買収後に新会社を設立し、国内のコンシューマーPCやエンタープライズPCの販売、販路の最適化、海外市場への展開の可能性の評価に注力する予定です。計画、設計、開発、製造、販売に携わる者を含め、250〜300人の従業員が新会社に移転する予定です。

ソニーは、顧客サポートは影響を受けないことを保証しました。 「JIPへの事業移転の一環として、ソニーはPC製品の企画、設計、開発を中止し、2014年春のラインナップが世界的に開始された後も生産・販売を中止する予定で、ソニーのPC市場からの脱退顧客はアフターケアの顧客サービスを引き続き受けられる」と同社は語った。

今日の動きは、2012年4月に発表されたエレクトロニクス事業全体の同社の「改革戦略」の一環であり、その間にテレビおよびPC事業が利益を失うと判断した。 Sonyは、このユニットの収益構造を改善し、事業を収益性に戻すため、テレビ部門を2014年7月までに独立した子会社に分割する予定です。

PC販売の影響を受ける一部の従業員は、ソニー内の他の部署に移管される可能性がありますが、2014年度の終わりまでに、テレビ事業を含むリストラから推定5000人の雇用者が削減されます。残りの1500人は現地事務所からのものとなる。

ソニーは2013年に200億円(1969億ドル)を、2014年度には700億円(6億950万ドル)を計画している。同社は再編計画により、 2015年度から1,000億円を超えています。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

インテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックス搭載のBlade、Bladeステルスラップトップ

Lenovo、2-in-1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップを搭載したPCを提供

マイクロソフト社のWindows 10 ‘Redstone 2’テストビルド14915は、PC、電話機で利用可能

Windows 10、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場を表明した、モビリティ、RazerがインテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックスを搭載したBlade、Bladeステルスラップトップ、ハードウェア、Lenovoが2対1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップ、Windows 10、MicrosoftのWindows 10 ‘Redstone 2’テスト・ビルド14915がPC、携帯電話