シスコの不正プロットで2人が告発された

コンピュータのヘルプデスクの技術者は、ネットワーキング会社シスコシステムズを1000万ドル以上で欺くように訴えられている。

40歳のコンピュータ技術者であるマイケル・キレメ(40歳)は、壊れた部品や欠陥のある部品を無料で交換する同社のプログラムのうちの1つを不正行為してシスコを騙そうとしたことで金曜日に逮捕された。

Kyeremeはニュージャージー州ニューアークの市の第三者請負業者として働き、市のコンピューターシステムのユーザーに一般的なネットワーク照会を手助けしました。ニュージャージー州の警察による告発によれば、シスコから約5百万ドル相当の約280万ドルの部品を購入した。 AP通信によると、彼は現在拘留中であり、裁判を待っていると語った。

捜査官は、キエレメの家を調べると、300万ドル以上の部品を発見したという。

53歳のマサチューセッツ州男であるマイケル・デイリー氏は、シスコの交換部品を少なくとも700回は注文するために虚偽の身元確認をした疑いで、先週逮捕された。

疑わしい計画は、顧客であることをふりかえり、会社から部品を注文して、故障したシスコの部品を「交換する」ことになった。恐らく壊れた部品は、公開市場で販売されていた。彼が挑戦された時に、デイリーは無価値部分を返還したと言われています。

シスコはコメントすることを拒否した。

イギリスのウェブサイトのColin Barkerがロンドンから報告した。

シスコ、コンテナのスタートアップコンテナを購入

リオオリンピックのハイテク遺産

シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する

シスコは、最大14,000人のスタッフを雇用しています。

シスコはコンテナのスタートアップContainerX、イノベーション、リオオリンピックの技術遺産、インターネットの購入、シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する、ネットワーキング、シスコは最大14,000人のスタッフを雇用する:レポート