サムスンディスプレイ、LGに対してLCD特許を訴える

サムスンディスプレイは、液晶ディスプレイ(LCD)の特許を侵害したとして、地元ライバルのLGディスプレイに対して別の訴訟を提起した。

サムスン電子は、ソウル中央地裁に対し、ロイヤルティを支払うことなく、プレーン・ツー・ライン(PLS)スイッチング技術をコピーしたとされるLGの7件の特許を無効にする訴訟を提起したと発表した。裁判所のスポークスパーソンはまた、先週訴訟が提起されたことを確認した。

LGはサムスンの許可なくPLSスイッチング技術を変更し、中小型液晶画面用の「AH-IPS」技術と名付けたという。同社は1997年11月にPLS技術の特許を取得したが、LGはそれを「コピー」したと付け加えた。

サムスンによると、LGディスプレイとLG電子が製造した消費者製品の完全な販売禁止措置を求めている。サムスンによると、LG電子のデジタル売却訴訟では20億ウォン(187万米ドル) Optimus G、Optimus Vu 2スマートフォンを含むデバイス

「戦闘は誇りの問題だ。損害賠償は本当の問題ではない。私たちは、法的闘争を通じて、世界のディスプレイ製造業界のリーダーとして認められるよう努めている」と、サムスンの上級幹部は、代理店

ソン・ヨンジュンLGディスプレイ長は、「韓国時間に接近すると、サムスンディスプレイが最新の訴訟を提起したと聞いた。法的文書を検討した後、反撃を準備する」と述べた。

これは、両社の企業間のスパイと法的闘争を背景にした最新の開発です。 9月、LG Displayは、7つの有機発光ダイオード(OLED)特許を侵害していると主張し、SamsungがLGのOLEDパネル、ドライバ回路、およびデバイス設計の設計をコピーしたと主張して、Samsungに対する訴訟を提起した。

サムスンはその後訴訟を提起し、先月LGディスプレイに対して、7つの特許が無効であると主張した。

7月には11人のSamsung従業員も地元の検察官によって逮捕され、OLED技術に関する機密情報を盗んで漏洩した。

?パース警察は制限されたコンピュータにアクセスしました

大韓民国最高裁は、サムスン従業員の白血病症例は仕事に関係しないと規定している

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係、銀行業務、Googleはオーストラリアからの交渉の保証を望んでいる大銀行

Googleはオーストラリアの大手銀行からの交渉を保証したい