サムスン、物事革命のインターネットのトップスポットを確保することを望む

Samsungは、物物のインターネットが消費者技術の次の波を生み出すと信じており、その乗り心地を確保する計画だ。

三星(サムスン)の社長兼CEOのブン・ジュン・ユン(Boo-Keun Yoon)とのインタビューで、インターネット・オブ・ソラト(IoT)は将来私たちの生活を劇的に変えるだろうと語った。

要するに、IoTは、アプライアンスとガジェットをウェブに接続するというアイデアです。このコンセプトは、スマートフォンで家庭の照明やセキュリティシステムを制御することから、アイテムが期限切れになっていることを知らせるスマートな冷蔵庫や、障害が発生したときにオーナーに警告する自動車など、さまざまな用途に使用できます。

スマートメーターは、西側のいくつかの家庭に導入されているIoTアプリケーションです。スマートメーターはエネルギー使用をより適切に規制する一方で、プライバシーの心配を引き起こしています。電力の各使用が文書化され、保存されているため、人々が家にいていつ、どの部屋にいるかをユーティリティーに知らせることができます。 IoTデバイスの正しい標準に実装されておらず、しばしば簡単にハックすることができます。

しかし、尹氏は、「IoT時代の登場」は、日々の生活のすべての側面に関わり、通常は1日を通して費やす時間、コスト、リソースを削減すると考えている。

エグゼクティブはIoTの支持者であり、このコンセプトはすでにエレクトロニクスの巨人のビジネスモデルに大きな変化をもたらしていると主張している。 IoTはハイテク業界の内外両方の新しいエコシステムによってサポートされなければならず、これが新しいビジネスチャンスを促進しています。

ユン氏は、「サムスンでは、物事のインターネットを構築するために他の人々と協力することに全力で取り組んでいる」と語った。「サムスンでは、技術のコンバージェンスが加速し、コラボレーションが増えて消費者のニーズを満たす。

今年8月、韓国のエレクトロニクス大手はIoT企業のSmartThingsを買収した。米国に本拠を置くスタートアップは、スマートフォンで動作する家庭用デバイスコントローラを専門としており、サムスンのIoTポートフォリオにとって非常に貴重なものであることがわかります。

報告書によると、この契約は2億ドルで調印された。

しかし、サムスンだけが物事のインターネットを追求するのに興味がある会社ではない。アップルは、IoTポートフォリオを作成しており、最近、スマートな家庭発明のためのネットワークプロトコルHomeKitを発表した。

尹氏は三星(Samsung)の未来を尋ねたところ、

続きを読む:イノベーションの世界で

ブランソンは宇宙ベンチャーで「私たちが始めたものを完成させたい」GoProが消費者無人機市場に飛ぶ、FAAが商用無人機の使用を制限する、ペンタゴンがロボット技術、3D印刷、武器で先端技術を磨くためにWazeは政府のデータ交換プログラムを発表; Kickstarterは利用規約を改訂し、作成者の説明責任をまっすぐにします

M2M市場はブラジルに戻ってくる

3D印刷の手作業:木材を使った作業

?CommBankはモバイル決済、fintechイノベーションのためのBarclaysと提携

ビクトリア州は、地元の技術才能の夢のフィールドを目指しています

イノベーション;•ブラジルでのM2M市場の復活:3D印刷、3D印刷、木材加工、銀行業務、バークレイズとのモバイルペイメント、フィンテックイノベーション、イノベーションのためのCommBankパートナー、地元の技術者の夢の実現を目指す